東北の未来は、自分たちで創っていく!

「東北から復興を担う未来の意思を育てよう!」という想いを胸に、
Support Our Kidsでは東北の復興、そして次代の社会を創造していく担い手づくりに取り組んでいます。

震災以降、様々な形で日本に温かい手を差し伸べていただいた諸外国の駐日(在日)大使館にご協力いただき、東日本大震災で被災した東北の中高生に国際感覚と復興の担い手としての意志を養う学びの場を提供しています。

「リーダーシップを発揮して東北をより良くしたい」という志の高い生徒を対象としたプログラムです。

2011年の発足以来、これまでに 455 名が海外へはばたき、帰国後はプログラム中に得た気づきや学び、出会いを糧に、恩送り活動や具体的な復興プロジェクトを立ち上げ自分たちの力で歩み始めています。

私たちの想い
皆さん、ひとりひとりが、この海外研修プログラムを通して、「東北復興の為に、自分はこれをやるんだ!」という“役割を見つけてもらうこと”。これが「自立」だと思います。自分がしなければいけないこと。自分がしたいこと。皆さんが、この研修を通して、それに気づいたら、どうやったらできるかを考え、具体的に行動に移して頂くことを願っています。

秋沢志篤(Support Our Kids実行委員会 ファウンダー)

研修プログラムの様子

東北から国際感覚を備えた復興の担い手(リーダー)を育成することを目的に、海外を舞台に約2 週間の学びの場を提供します。
「復興アンバサダー」として現地で行う震災・復興プレゼンテーションに加え、その国その時期にしか味わえない特別なプログラムを実施。

これまでにル・マン24 観戦(フランス)ダブリン市長表敬訪問(アイルランド)日系人の歴史を学ぶプログラム(カナダ)リーダーシッププログラム体験(オーストラリア)クライストチャーチ[被災地]およびクライストチャーチ市長表敬訪問(ニュージーランド)等など、世界中の第一線で活躍している方々との交流や他では国際的なイベントの舞台裏など、他では決して経験できない貴重な学びの場を提供してきました。

プログラム参加者の声
前年度ホームステイプログラム参加者
私にしかできないこと2019年 フランス参加者

私はこのプログラムで「新聞記者になりたい」という夢ができました。このフランスで過ごした12 日間は 「私にしかできないことはなんだろう」 と考える機会が多くあり、その中で私にしかできないことは新聞記者になって自分にしか書けない記事を書くことなのだと強く思うようになりました。
Le Mans 耐久レースで挑戦し続ける大人達や自分にしかできない仕事をしているスタッフの姿に大きな刺激を受けました。私も大人になっても夢を持って挑戦し続けられる仕事をしていきたいと思います。

恩返しのスタート2019年 アイルランド参加者

この研修に応募する前の私の夢は「フェアトレードを通じて、持続的に世界中の貧困層の方々を支え、挑戦できる環境の創造に貢献する」ことでした。
アイルランドでは、世界の第一線で活躍されている方々にお話しを聞き、たくさんの社会問題や、意識の高い環境問題などについて知ることができました。そこで 世界には貧困問題だけではなく、様々な問題があることを初めて痛感しました。「果たして本当に貧困問題に取り組みたいのか?」と思うようになり、 夢は狭まるどころか広がっていきました。
今回の研修で貴重な経験を通し、お金では決して手に入れることのできないたくさんの宝物を得ることが出来ました。復興アンバサダーの活動を通じて世の中に貢献し、恩返しをしていきたいと思います。

前年度以前の参加者
アイディアとデザインの力で、
石巻の漁業に新たな力を!2015年 ポーランド・スイス参加者

このプログラムで自分の興味がある分野に恐れず挑戦できるようになりました。高校生という貴重な時期に海外に行けたことが自信になり、原動力となっています。
現在、卒業制作の一環で「船紋プロジェクト」 を推進しています。漁師のこだわりや漁場の特徴を紋で表現し、商品と関連づけることで、地元石巻が誇る漁場をより身近に感じて欲しいと思い発足したプロジェクトです。
今後の目標は石巻のクリエイティブディレクターになることです。来春から広告代理店で働くということもあり、生まれ育った故郷とアイディアの力で繋がっていたいと考えるようになりました。漁業の視点から地元石巻を見ることにより、誇りを持てるようになった今、また別な視点からも石巻を取り上げられるような人材になりたいです。

そば粉ワッフルで、
福島県川内村の魅力を発信!2013年 カナダ参加者

このプログラムでカナダに行かせて頂いたことで、視野と価値観が広がり、 国内外の様々な人やモノと出会いたいと思えるようになりました。その気持ちから一年間ワーキングホリデーでカナダに住んだり、海外バックパッカー旅、国内バイク旅などで各地を見たりしてきました。ワーキングホリデーでカナダを再訪した時に、海外で「FUKUSHIMA」の伝わり方や課題に気づき、地域に根差した活動を始めるきっかけにつながりました。
今は大学に通いつつ、福島県川内村の魅力を伝えるワッフル屋「Kokage Kitchen」と田村市地域おこし協力隊を兼業しています。今後の目標は田舎での生活と仕事を楽しみながら、地方に興味を持つ若者を増やすことです。来年春にはクラウドファンディングで調達した資金を元手に、川内村を中心とした福島の魅力、そして僕やみなさんの想いをのせたキッチンカーを始動させます!!

HABATAKI

「次は自分の翼で誰かの為にはばたきたい!」と帰国した参加者達が自ら立ち上げた復興プロジェクト「HABATAKI 」。

これまでに4つのプロジェクトを自らの力で企画・資金調達から運営まで完遂させました。
その他にも多くのOBOG が「東北のために、自分たちに続く後輩のために」と、Support Our Kidsの各種ボランティア活動、地域のボランティア活動、2019年10月に発生した台風19号の被災地における復旧ボランティア活動、自ら立ち上げた数々の復興プロジェクトに積極的に参加し、東北の復興に向けて具体的な活動を起こしています。

「HABATAKI」の詳しい説明はこちらから

第10回海外研修プログラム 渡航国及び日程(予定)
夏季研修プログラム
フランス
2020年6月上旬~6月下旬(約2週間)

アイルランド
2020年6月中旬~7月中旬(約2週間)

カナダ
2020年6月下旬~7月上旬(約2週間)

春季研修プログラム(※春季プログラムの募集は夏頃に開始予定)
オーストラリア
2021年3月中旬~3月下旬(約2週間)

ニュージーランド
2021年3月中旬~3月下旬(約2週間)

第10 回 夏季研修プログラム概要(予定)
フランス / ル・マン

24 時間耐久レースの観戦と、自動車工学学習を含む模擬レース体験から、「テクノロジーと環境」「チームでの課題解決」について学びます。

その他、ユネスコ訪問、画家ゴッホ終焉の地での文化学習等を予定。

アイルランド

世界各国から集まる同世代の学生たちと共に学び、毎日様々なアクティビティに参加。世界における多様性を体験する。

歴代駐日大使たちとの交流、大臣・市長表敬訪問、ヨーロッパの歴史、環境問題などの社会課題、トリニティ大学やラグビーなどの文化を学ぶ。

カナダ

社会福祉施設訪問、サマーキャンプを通じて現地の子ども達と交流。多文化主義・モザイク文化と呼ばれるカナダ・トロントで「共生社会」や「多様性」を体験。

日系文化会館ではの日系人の歴史や移民としてのお話を体験者より直接伺いフロンティアスピリッツについて学ぶ。

応募要項
応募資格
  • Support Our Kids の活動趣旨をよく理解し、東北の復興に主体的に携わる明確な意志があること
    (弊会の海外ホームステイプログラムは、東北復興の担い手づくり、自立心育成を目的とした研修プログラムです。)
  • 復興アンバサダーとしての使命を認識し、現地で積極的にコミュニケーションが図れること
  • 東日本大震災時に被災し、保護者の承諾が得られる現中学1年生〜現高校2年生(2020年3月31日時点)
  • これまでに、東日本大震災被災者支援を目的とした海外ホームステイプログラムに参加したことがないこと
  • 過去に弊会のホームステイプログラムに参加していないこと
  • 学校の担任、部活動の顧問など、第3者の推薦を受けていること
  • 面談・説明会等に保護者同伴で参加できること
  • 渡航前に事前研修を受けること
    【第1回】5月17日(日)宮城県仙台市会場(震災英語プレゼンテーション練習など)
    【第2回】 渡航日前日 東京都内会場
  • 帰国後、弊実行委員会と交流をはかり、毎年秋に開催する 『 リユニオン~翔(はばたき)~ 』(復興アンバサダーによる未来を切り拓くカンファレンス)に参加すること
    【事前研修】2020 年9月13日(日)
    【前日研修】2020 年11月28日(土)
    【本番】2020 年11月29日(日)を予定(ともに仙台市)
  • 帰国後にレポートを提出できること
  • 震災・復興プレゼンテーション他、課される課題を期限内に提出できること
  • 帰国後に東北の復興に向けたボランティア活動等に積極的に携わる意志があること

参加費用
  • 弊会にて負担する費用:海外研修プログラム参加費用
    (渡航費、現地宿泊費、現地食費、現地プログラム費、海外傷害保険費
  • 個人負担の費用:パスポート取得費、国内移動交通費
    (現住所 空港、自宅 事前研修会場)、スーツケース宅配費、お土産代

スケジュール
一次選考書類選考
〜2020年4月20日(月)
合格者のみに4月23日(木)までに電話で結果をご連絡します。

二次選考保護者同伴面談
2020年4月25日(土)
2020年4月26日(日)

岩手県、福島県、宮城県

  • その他、被災後、東北三県以外に避難をしている方々の面接場所は、可能な限り対応させて頂きます。
  • 東京の本部事務局での面接希望の方はその旨を応募用紙にご記入ください。

最終結果合格発表
2020年4月28日(火)
メールにて通知

  • 4月30日(木)までに最終意思確認。