第8回 海外ホームステイプログラム in スイス

プログラム概要

日程:2019年3月22日〜4月5日
※2月13日:事前研修(東北福祉大学)/ 3月22日:出発式&研修(スイス大使公邸/スイス大使館)/ 3月23日~4月4日:スイス研修 / 4月5日:帰国 /4月25日解散式(スイス大使公邸)
都市:ルツェルン、グリンデルワルト、ラウターブルンネン、インターラーケン、ロシニエール、シャトー・デー、ヴヴェイ、 モントルー、ロッシェ・ド・ネ、ローザンヌ、ジュネーヴ
参加人数:5名(中学2年生~高校2年生)

プログラム内容

スイス大使館の2020年へ向けたコミュニケーションプログラム『スイスへのとびら Japan 2020』の共生社会のテーマの下、Support Our Kidsとの共催プログラムとして開催。

スイスの誇るパノラマ鉄道で美しいスイスの大自然と都市をまわりながら、スイスの文化や人から共生社会について学ぶ。オリンピック都市ローザンヌでTOKYO2020のホストカントリーとしてのあり方を考え、インターナショナルスクールにて同世代の子ども達と意見交換。スイス人家庭にホームステイをさせていただいた。人道都市ジュネーヴでは設立100周年を迎えた国際赤十字赤新月社連盟や国連人道問題調整事務所にて、東日本大震災へのご支援の様子や日常に世界へ行っている支援について学ばせていただき、東北からの感謝の思いをお伝えした。

●鉄道の旅:スイス政府観光局協賛のスイストラベルパス(ファーストクラス)でゴールデンパスルートを含む12日間の鉄道の旅。パノラマ列車やベルエポック・オリエント急行列車体験。
●ルツェルン:市内観光、GCインターナショナル訪問、交通博物館見学
●グリンデルワルト:ユングフラウ鉄道協賛によりユングフラウヨッホ往復とフィルストでイーグルライダー体験、グリンデルワルト村長と日本語観光案内所長夫妻と面会
●ラウターブルンネン&インターラーケン観光
●ロシニエール:節子・クロソフスカ・ド・ローラ伯爵夫人のグラン・シャレ訪問
●シャトー・デー:気球博物館、切絵細工博物館見学
●モントルー:シヨン城、レマン湖、クイーン記念館見学
●ヴヴェイ:チャップリンワールド、チャップリンの墓訪問
●ロッシェ・ド・ネ:MOB協賛により山岳鉄道で観光
●ローザンヌ:ホームステイ、インターナショナルスクール授業体験。IOC訪問とバッハ会長面会、オリンピアンとの交流。LAUSANNE2020ユースオリンピック実行委員会訪問。オリンピック博物館見学。
●エトワ:ご協賛社のサンスター社訪問。
●ジュネーヴ:IFRC(国際赤十字赤新月社連盟)訪問、赤十字博物館見学。UNOCHA(国連人道問題調整事務所)訪問。

後援

在日スイス大使館
スイス政府観光局

協賛・協力

スイスインターナショナルエアラインズ
チューリッヒ保険、チューリッヒ生命
サンスター
ユングフラウ鉄道
MOB(モントルーオーベルランベルノワ鉄道)
エコール・シャンピテ
GCインターナショナル
節子・クロソフスカ・ド・ローラ伯爵夫人
グリンデルワルト村長
環境省
日本赤十字社
伊藤園
共同通信社
東北福祉大学
(敬称略)
 

※その他、多くの方々にご協力いただいております。