2017年度海外ホームステイ引率アシスタント募集のご案内
2017.04.04

応募期間:2017年4月5日(水)~ 4月19日(水)
Support Our Kids実行委員会
NPO法人次代の創造工房

 
Support Our Kidsは、“東日本大震災被災児童の自立支援” “復興を担うリーダーづくり”を目的とし、10年間のプロジェクトとして継続して活動しています。ニュージーランドから始められた海外ホームステイプログラムは、各国大使館のご理解とご協力により、アメリカ、アイルランド、イギリス、オーストラリア、カナダ、サンマリノ共和国、スイス、フランス、ポーランドへと支援の輪が広がってきました。また、帰国後に多くのOBOGが「HABATAKI」として活動し、自主的にネパールや熊本の支援活動を行う等、様々な場で活躍していることは、弊会にとっても大きな励みとなっています。
さて、弊会では、今年度も上記のミッションを実現するために、被災した中高生を対象に第7回となる海外ホームステイプログラムを実施いたします。また、昨年同様に、Support Our Kidsプロジェクトの趣旨に賛同し、帰国後も弊会活動に関心のあるOBOGを、引率アシスタントとして募集いたします。興味のある方は奮ってご応募ください。応募条件等の詳細は下記の通りです。皆様のご応募をお待ちしております。

 

【これまでのホームステイ実績】

2011年7月~8月ニュージーランド50名
2012年8月ニュージーランド14名
イギリス10名
2013年3月アメリカ46名
2013年6月フランス10名
2013年7月~8月アイルランド9名
カナダ10名
ニュージーランド10名
2014年3月アメリカ23名
2014年6月フランス10名
2014年7月~8月アイルランド10名
カナダ10名
ニュージーランド10名
2014年10月スイス/サンマリノ6名
2015年3月アメリカ12名
2015年6月フランス10名
2015年7月~8月アイルランド10名
カナダ10名
ニュージーランド10名
オーストラリア10名
2015年12月ポーランド/スイス6名
2016年7月〜8月アイルランド9名
カナダ8名
オーストラリア9名
ニュージーランド10名(OB引率アシスタント1名)
アメリカ10名
合計 342名(OB引率アシスタント1名)

 
 

募集要項

概要
  • 訪問国 :カナダ
  • 募集人数 :1名 *引率者はトロント現地で合流
  • 日程 :2017年8月上旬〜中旬(約2週間)
応募資格
  • 過去にSupport Our Kids海外ホームステイプログラムに参加したOBOGであること
  • 20歳以上で自身の行動に責任をもつ自覚があること
  • 渡航前の事前研修(5月14日及び6月25日)に必ず参加できること
  • 自分自身の経験の為だけでなく、後輩の現地滞在を全力でサポートしようという意思があること
  • 海外や教育に関心があり、適応能力があること
  • 日常英会話が可能なこと ※現地では、中高生が英会話に困っている際に、通訳をして頂く場面もございます。
  • 引率アシスタントとして参加することに対し、家族の理解を得て応援されていること
  • 自分の為、東北の復興の為に、帰国後に活動しようという意思があること
  • 帰国後、弊実行委員会と交流をはかり、11月19日(日)に開催する『リユニオン~翔(はばたき)~』(同窓会/海外での体験発表会/復興プロジェクト発表会)に参加できること
  • 帰国後にレポートを提出できること

 

応募期間
  • 2017年4月5日(水)~ 4月19日(水)(Support Our Kids事務局必着)
参加費用
  • 弊会にて負担する費用:
    海外ホームステイ参加費用(渡航費、現地宿泊費、現地食費、現地プログラム費、海外傷害保険費)
  • 個人負担の費用:
    パスポート取得費、事前研修交通費、国内移動経費(現住所⇔成田空港)、スーツケース宅配費、お小遣い
申請方法

2017年4月19日18:00(水/必着)までに、以下の書類を事務局に郵送、FAXまたはメールでお送りください。

  • 参加申請書/同意書  ダウンロード
    基本情報に変更が無い限り、参加申請書と作文をご提出ください。
  • 記述式質問回答票  ダウンロード
  • 作文:私が引率アシスタントになったら” * 400字詰め原稿用紙2枚~3枚
  • 身分証明書のコピー(パスポート)

 

応募先:

〒102-0083

東京都千代田区麹町2-12-6 ミツリ麹町ビル3F

NPO法人次代の創造工房内「Support Our Kids事務局」

電話:03-6272-6252 

FAX:03-3222-1169 

Email:sok@jidai.or.jp

 

 

記載事項は、黒のボールペンで応募者本人が自筆で記入のこと(ワープロ原稿不可)。
※押印のないものは無効となります。
※メールで応募する方は、件名に「引率アシスタント応募」と記載してください。
選考

一次審査】
書類選考
  2017年4月20日(木)

※合格者のみ電話で結果をご連絡します

 

【二次審査】
面談  2017年4月22日(土)13:00~19:00
会場  仙台会場(予定)
面談  ネイティブによる英語面接

※希望者本人のみ(保護者同伴無し)

 

【最終結果】
合格発表
  2017年5月8日(月) *合格者のみ電話で結果をご連絡します。

 

 

留意事項
  • 提出された書類の個人情報の取り扱いについて細心の注意をはらい、参加者選考及び今後のご連絡のみに限定します。なお、応募書類は返却いたしません。
  • 参加が確定後、キャンセルされる場合、すみやかに弊会に通知をしてください。
  • 申請書類等に関し、事実と異なる内容があると判断された場合、参加資格を取り消し、合格を取り消す場合がありますので、記載事項は正確にご申告ください。
  • 合否のお問い合わせには、いかなる場合にもお応え出来ませんので予めご了承ください。
  • 本ご案内の内容は予告なく変更する場合がございます。最新情報、詳細は弊会ホームページをご覧ください。http://support-our-kids.org/

 

お問い合わせ先

Support Our Kids事務局(河原・外山・萩元)

電話:03-6272-6252 E-mail:sok@jidai.or.jp

 

「第3回 平原綾香 Jupiter 基金」の寄付金贈呈式が行われました。 平原綾香さんをはじめ、ご支援を頂きましたすべての皆様に御礼申し上げます。
2017.03.29

3月23日(木)、「第3回 平原綾香 Jupiter 基金」の寄付金贈呈式が行われました。

平原さん、ファンの皆様からのご厚情はSupport Our Kidsの代表として、歌手を目指す佐藤玲花さん(カナダステイ2014)へ贈呈されました。

 

平原綾香さんをはじめ、ご支援を頂きましたすべての皆様に厚く感謝申し上げます。

 

1月19日(木)に東京国際フォーラムにて開催された『〈第3回 平原綾香 Jupiter 基金〉 My Best Friends Concert』を通じて2,961,118円のご厚情をお寄せ頂きました。(Jupiter 基金 寄付報告:http://www.jupiter-foundation.jp/ja/article-136

 

お寄せ頂いたご厚情は、被災児童を対象とした海外ホームステイをはじめとする東北被災児童の自立支援活動に充当させて頂きます。

 

コンサート会場にて募金活動に参加させて頂いた松田彬恵さん(フランスステイ2014)にも、平原さんより「これからもずっと応援しています。」と温かいお言葉を頂きました。

 

平原綾香さんをはじめ、コンサートへお越し頂きました皆様、募金活動・寄付にご協力頂きました皆様、誠にありがとうございました。

事務局一同、心より御礼を申し上げます。

引き続き、ご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

 

■今回のご支援を受け、今夏の海外ホームステイの参加者募集も開始しております:http://support-our-kids.org/1155/

 

■「平原綾香 Jupiter 基金」 公式ホームページ:http://www.jupiter-foundation.jp/ja#fd-about

 

jupiter01
jupiter02
「第7回 Support Our Kidsチャリティオークションディナー」が無事終了いたしました。 ご参加、ご協力を頂きましたすべての皆様に御礼申し上げます。
2017.03.27

去る3月22日(水)、八芳園で開催した「第7回 Support Our Kidsチャリティオークションディナー」は皆様のご協力、ご支援のもと無事終了いたしました。
会場にお運びいただいた皆様、LIVE配信を視聴してくださったすべての皆様に御礼申し上げます。
新春の八芳園において、支援者の皆様、出演者様、OBOGが一堂に会し、それぞれの想いと時間を共有する有意義な機会となりました。

 

佐藤玲花さんのステージでは、2014年のトロントステイで佐藤さんたちを迎えて下さったチャコ瀬戸山さん、ジェームズ松本さんへのサプライズもあり、会場が温かい雰囲気に包まれました。また、復興や子ども達への想いが込められたクミコさん、つんく♂さんのライブ、大変貴重なアイテムが出品されたオークション、そして、八芳園渾身の美味しい復興コース料理、と盛りだくさんの内容でした。「次は後輩たちの役に立ちたい」と東北から駆け付けてくれたボランティアのOBOGのメンバーも今や立派な若者に成長し、ラッフルチケットの販売やステージでのプレゼンテーションなど、たくましく成長した姿を見せてくれました。

 

「ひとりでも多くの子ども達が、自らの力で明るい未来を切り拓いてゆけるように」という想いのもと、オークションをはじめ、皆様から頂いたご厚情は
451万1千円
に上りました。
実行委員会、事務局一同心より御礼申し上げます。

 

■佐藤さんが披露した楽曲「君がいるから」は、チャリティソングとして今後の展開を予定しております。
情報更新を楽しみにしていてください。

 

■コーヒーのご提供を頂きました、Tully’s様とSupport Our Kidsのコラボチャリティ商品『ジップス』は、Tully’s各店舗で好評販売中とのことです。
お近くのTully’sにお立ち寄りの際は是非お求めください。

 

■「ヤフオク!」では、昨年多大なる協力を頂いた、ゲーリー・プレーヤー氏(ゴルフメジャー大会通算9勝)のグッズをはじめ、魅力的なアイテムを出品中!
http://reu.auctions.yahoo.co.jp/project?id=1065

 

■「Yahoo!ネット募金」ではTポイントを使って1ポイントからご寄附頂けます。(クレジットカードの使用も可能です)
https://donation.yahoo.co.jp/detail/5126001/

 

■今回の支援をもとに実施する、今夏の海外ホームステイの応募受付も開始しております。
情報の拡散にご協力頂けますと幸いです。
http://support-our-kids.org/event/2017homestay/

 

Support Our Kidsの活動は2020年まで継続いたします。
引き続きご理解、ご協力の程宜しくお願い致します。

※後日、当日の様子をフォトレポートにて掲載いたします。
楽しみにお待ちください。