「第6回Support Our Kids リユニオン〜翔〜」の報告書を掲載致しました。

2018.01.12

本年の「第6回Support Our Kids リユニオン〜翔〜」は14名の実行委員が中心となり、それぞれが意見を出し合いながら、来場者の方がより楽しめるリユニオン実現を目指し企画から運営を行いました。
多大なるご支援を頂きましたことに御礼申し上げます。
下記の内容は報告書の一部抜粋です。
是非、子ども達の生の声、当日の様子を報告書にてご覧ください。

KAGAYAKI輝~夢の扉へ~海外経験発表
2017年夏の海外ホームステイプログラム参加生徒によるプレゼンテーション。
海外という地で沢山の気付きと学びを得た子ども達は33人33色の経験をしました。
復興の担い手としての成長、仲間との熱い絆が感じられる発表でした。

HABATAKI 翔~夢の実現~OBOG活動報告
OBOGによる活動発表。今度は自分達が復興のバトンを繋ぐ番として、仲間と共に立ち上がった彼らはホームステイ参加後も成長し続けています。
夢を追い、東北から日本、世界へ、と“はばたく”彼らが伝える後輩への想いとは。

HABATAKI LIVE/増田太郎ヴァイオリンミニライブ
音楽へ力強い思いを持ち、歌うことを心から愛するSOKのOG4名が結集。
第3部には盲目のヴァイオリニスト増田太郎氏が登場し、生演奏を行いました。
東北へのエールが込もった、彼らの音楽は観客に沢山の勇気と希望を与えました。

保護者会/懇親会
リユニオン当日の午前中には保護者同士のネットワーク向上を目的とした第6回保護者会を東北福祉大学内の風土で開催し、親同士の親睦を深めました。
また、リユニオン終了後は実行委員の企画のもと親睦会を開催しました。
大好きな仲間との食事はより美味しく、久し振りの再会に充実した時間を過ごしました。

HABATAKI 翔